企業での健康診断が大事な理由とは?

働き方改革で求められることは、効率的な働き方です。効率的な働き方を企業が行っていくには、従業員の健康があってこそ実現できると言えるので、企業を経営するうえで健康管理は重要なポイントになるでしょう。たとえば、激務により従業員が過労状態にあると、心身の不調を引き起こし、生活習慣病など、さまざまな病気にかかる可能性が高くなります。健康でない従業員が増えることで、生産性が落ちるだけでなく、企業が負担する医療費も増えてしまうといったリスクを抱えることになります。さらに、国内市場では2010年代~2020年代にかけて労働力不足が問題になっているため、スムーズに欠員補充できるかというと難しい状況と言えるでしょう。

従業員の健康管理が重視されているのは、時代の変化に合わせて企業を存続させていかなければならないという背景があるのです。このような背景から、健康管理のために発生する費用を単なる「コスト」とネガティブに捉えるのではなく、戦略的な「投資」と考える動きが徐々に広まってきています。

国内では、健康経営優良法人認定制度というものがあります。健康経営優良法人認定制度とは、健康管理に対して優良な取り組みを行っていると判断された大企業および中小企業の法人を顕彰する制度のことです。健康管理に対して優良な取り組みを行っている企業が世間に明らかになることで、勤め先を探している人材や取引先の企業、金融機関など、多くの人達からよい印象を受けることができます。また、健康経営優良法人認定を取得することで、企業のアピールポイントが増えるので、宣伝効果にも繋がるでしょう。

健康であるかどうかの検診データは、「健康経営優良法人(中小規模法人部門)」 、「健康経営優良法人(中小規模法人部門) / 健康経営優良法人(大規模法人部門 )※ホワイト500含む」の取得にも必要となります。